生活習慣だけでは改善しにくいいびきは病院で治療しよう

女の人

日本人のためのマットレス

寝室

モットンは日本人のために設計された高反発マットレスです。他のマットレスとは様々な点で違いメリットが多いのが特徴です。しかし、効果の実感や寝心地になれるという点で期間がかかるため、まず保証期間内は使ってみることがオススメです。

Read

眠りの質を高めるために

睡眠

欲しい枕があったとしても、それが自分にあっているかどうかは、実際に寝てみなければ判断できません。購入前には必ず、衣料品を試着するのと同じように枕も首にフィットするかどうかの確認をしなければなりません。理想の枕を手に入れて快眠することによって、健やかな日常を元気いっぱいで過ごしていくことができます。

Read

医療機関に相談

カップル

睡眠が浅くなる

いびきをかいて寝ている姿を見ると、一見すると気持ちよくしっかり眠っているというイメージもあります。ところが実際にはいびきをかいていると眠りが浅くなり、日中にも眠気がさす、疲れが取れないなどの問題も出てきますし、睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まります。そして同居している家族も騒音で良く眠れないなどの悩みも出てしまいますので、やはりしっかり改善しておきたいところです。改善策としては寝る前のお酒は避ける、横向きに寝る、枕を見直してみるなどもあげられますし、肥満気味という人はダイエットに挑戦してみるのもおすすめです。軽度の場合は努力でかなり改善できることもありますが、改善が難しい場合は医療機関での治療も検討してみましょう。医療機関ではまずは診察や検査を行い、それぞれの症状に合った治療が提供されることとなります。

様々な改善策があります

医療機関で治療を行う際は耳鼻咽喉科やいびき外来などに相談してみると良いでしょう。改善の方法としては、まずは軽度の場合であれば点鼻薬などで改善を目指すことが多くなっています。さらにマウスピースを利用した治療も効果的で、こちらは寝るときに装着することで気道を確保してくれます。鼻づまりなどが原因となっている場合は、まずはそれを改善する治療も考えていきたいところです。このほかではレーザー治療など日帰りの手術で対応が行われることもあります。肥満が原因していびきが出ている場合は食事療法や運動療法などのダイエットのアドバイスが行われることもあります。合う治療方法は人それぞれ違いがありますが、適切な方法を選ぶことで、より快適な睡眠が得られるようになり、疲労感なども残りにくくなります。

不調をなくして快適に

肩を押さえる女性

肩こりはよくある症状ですが、ひどくなると頭痛や吐き気につながることもあり、生活にも大きな影響を与えます。できるだけ早く解消したいものです。こる前のちょっとしたポイントを見直すことで予防できることもあるので、日常生活を少し見直してみることから始めましょう。

Read